カワセミ 待ちぼうけ

北原白秋作詞

待ちぼうけ、待ちぼうけ
ある日せっせこ、野良稼ぎ
そこに兔が飛んで出て
ころりころげた 木のねっこ
待ちぼうけ、待ちぼうけ
しめた。これから寝て待とうか
待てば獲物が驅けてくる
兔ぶつかれ、木のねっこ

One thought on “カワセミ 待ちぼうけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です